アクセスカウンタ

<<  2017年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


ラウンジ営業は5月7日まで

2017/03/28 23:50
ホテルを出たのは0時少し前。10時30分には滑り始めました。

下部のリフトはほとんどが営業を終了していますが、

名木山第三トリプルリフトはまだ動いています。

リフトを乗り継いで上部のゲレンデに行きます。

今日も会員用ラウンジに行きました。

5月7日まで営業するという貼り紙がありました。

ということはパリラマゲレンデもそれまでは滑れるとスキー場も予想しているというです。

今年はゴールデンウィスークを過ぎても兎平や黒菱は滑走できそうです。

営業的に成り立つかは不明ですが。

画像

記事へトラックバック / コメント


この5日間のスキーは不完全燃焼でした。

2017/03/22 23:46
今日のスキーは全く駄目でした。

昨日の夜から降った雪で、兎平も黒菱もコブが完全に消えました。

その上水分の含んだ雪で重く、思うように板が回りません。

板を回転させるために荷重すると、雪に板が沈み、板が動かなくなってしまいます。

仕方がないので、そのまま斜滑降で逃げる、というパターンの連続でした。

荷重をせずに板の方向だけを変えて滑る方法もありますが、

今日のようにいつ重い雪やコブにぶつかるかわからない状態では

減速しないで板だけ回す、というのは危険です。

黒菱ではまた板が外れてロストしてしまう可能性もあります。

と、いうわけで今日のスキーは全く駄目でしたが、

この5日間のスキーを総括しても不完全燃焼でした。

その一番の原因は、三連休で混んでいたことです。

普段平日の空いているゲレンデに慣れてしまった私はやる気をなくしてしまいました。

それは最初からわかっていたでした。

勝負は三連休が終わった21、22日だと思っていました。

しかし、21日に板が折れてほとんど滑れず、

今日、22日は前述の通り思った滑りができませんでした。

まぁ、スキーは自然相手のスポーツ、こういうこともあるでしょう。

4月3日から6日の4日間もスキーの予定が入っています。

その時に今回の分を取り戻そうと思います。
記事へトラックバック / コメント


またスキー板が折れました。

2017/03/21 23:40
悲劇です。

またスキー板が折れました。

昨日の夜から降り始めた雪は兎平や黒菱のコブを見えなくしました。

新雪で隠れたコブ斜面を滑るのは簡単ではありません。

黒菱ゲレンデを滑っていた時のことです。

ゲレンデの最後の方で、バキッという音が聞こえ、変な感触が残りました。

もしや、と見てみるとこの前と同じようにスキー板が折れていました。

板を折るのは今シーズン2度目です。

もちろんスキーは中止です。

すぐに車に戻り、長野市内にあるゼビオにむかいました。

スキー板が折れることは全く想像していませんでしたが、

スキーブーツがいつ駄目になってもおかしくないこともあって

ゼビオカードを財布の中に入れておいたのです。

今度買った板はロシニョール製です。

スキーを始めて30年以上経ちますが、ロシニョールの板に乗るのは初めてです。

画像



記事へトラックバック / コメント


コースを塞がないで下さい!

2017/03/20 23:18
今日は三連休の最終日です。

明日からの仕事に備えて一般の人はスキーを午前中で終えて帰路につきます。

ゲレンデは午後にはガラガラになりました。

下の写真では雲がかなり出ているようにみえますが、

実際はほぼ快晴といってよい、真っ青な空でした。

風もなく、絶好のスキー日和でした。

ゲレンデは空いていましたが、

兎平のコブ斜面の上部に集団がいて、“通せんぼ”をしています。

インストラクターらしき人もいたので講習なのかもしれません。

スキー技術云々よりもコースを塞がない、という基本的なルールを教えてほしい、と強く願うのでした。

そういうこともあって、兎平はあまり滑らず専ら黒菱で滑っていました。

黒菱は午後になるとゲレンデ全体が陰で覆われます。

斜面が凍ってしまって気持ちよく滑ることができませんでした。

明日に期待します。

画像

記事へトラックバック / コメント


チェアスキーでどうやってリフトに乗るのかわかりました。

2017/03/19 19:52
スキー場に到着したのは正午少し前でした。

車でいっぱいの咲花ゲレンデ前駐車場で

車を徐行させて駐車スペースを探していると、

案の定、朝早く滑った人が、帰ったためにできたと思われるスペースをみつけました。

まずは会員ラウンジでコーヒーを飲みながら食事をして、

スキーのバックルをきつく締め直して本気で滑ろうとゴンドラに乗ったところで、

ゴンドラが止まるという放送が。

強風のためです。

既にゴンドラに乗っていたので頂上駅まで行けましたが、

その先のアルペンリフト等は止まってしまいました。

仕方がないので国際ゲレンデと北尾根コースを滑りました。

この2つのゲレンデだけでも並みのスキー場よりは滑りごたえがあります。

今日はジャパンパラアルペンスキー大会を開催していました。

チェアスキーのことはもちろん知っていましたが、

どうやってリフトに乗るのか今まで謎でした。

椅子ごとリフトに乗っているところを見て成程と思いました。
記事へトラックバック / コメント


痛恨のミス

2017/03/18 23:39
痛恨のミスです。

スキーブーツをホテルの玄関先に置いたままスキー場に向かってしまいました。

そのことに気が付いたのはスキー場の駐車場に着いた時。

ホテルとスキー場の距離は50qあります。

ブーツがなければスキーはできないので、そのままホテルに戻りました。

そして、再びスキー場に戻ってスキーを始めた時、時刻は14時30分になっていました。

3連休の初日でスキー場は大混雑なので、

もともとしっかりと滑る積りはなかったものの、

貴重な時間を無駄にしてしまいました。

体が温まる前に営業が終了してしまいました。
記事へトラックバック / コメント


いちごホテルリートの平成29年1月期決算

2017/03/15 23:49
いちごホテルリートが平成29年1月期決算短信を発表しました。

内容は下記のとおりです。

●運用状況

《29.1月期決算。( )内は予想値》

売上    1,560百万円(1,547百万円) 

営業利益 978百万円(933百万円) 

経常利益 809百万円(759百万円)

純利益 808百万円(758百万円)

1口あたりの利益  3,267円(3,137円)

分配金  2,946円(2,917円)

《29.7月期業績予想。( )内は旧予想値》

売上    1,692百万円(1,638百万円) 

営業利益 961百万円(909百万円) 

経常利益  784百万円(732百万円)

純利益 759百万円(731百万円)

1口あたりの利益  3,043円(2,838円)

分配金  3,043円(2,838円)

《30.1月期業績予想》

売上    1,698百万円 

営業利益 967百万円 

経常利益  788百万円

純利益 787百万円

1口あたりの利益  3,058円

分配金  3,058円

●財政状況(29年1月期)

総資産 53,331百万円

純資産 32,705百万円

自己資本比率 61.3%

純資産/1株 126,971円

決算の数字を見る限り順調と判断できます。
記事へトラックバック / コメント


サムティ・レジデンシャル投資法人の平成29年1月期決算短信

2017/03/15 23:23
サムティ・レジデンシャル投資法人の平成29年1月期決算短信は下記の通りです。

●業績

《平成29年1月期決算値。( )内は予想値》

売上高   1,806百万円(1,790百万円)

営業利益  849百万円(834百万円)

経常利益  606百万円(582百万円)

純利益   605百万円(581百万円)

1口純利益  2,138円(2,056円)

1株配    2,645円(2,600円)

《平成29年7月期予想値。( )内は旧予想値》

売上高   1,797百万円(1,791百万円)

営業利益  834百万円(740百万円)

経常利益  596百万円(589百万円)

純利益   595百万円(588百万円)

1口純利益  2,105円(2,081円)

1株配    2,625円(2,625円)

●財政状況(29年1月期)

総資産   55,828百万円

純資産   26,397百万円

自己資本比率 47.3%

純資産/1株  93,276円

会社が発表する平成29年7月期予想値が

平成29年1月期決算値を全てにわたって下回っていることが気になります。

特に分配金の下がり方(2,645円→2,625円)に嫌な感じです。

財政状況(29年1月期)をみる限り、

すぐにどうこうというわけではないと思いますが。

記事へトラックバック / コメント


スバル興業の平成29年1月期決算について

2017/03/14 23:25
スバル興業が平成29度1月期決算短信を発表しました。

決算の数値は売上、営業利益、経常利益、利益の全てで

会社予想値を上回っており、評価できます。

一方、平成30年1月期業績予想は平成29年1月期と比較して

減益減収となっていることが気になります。

しかし、何よりも驚くべきは、財務状況です。

自己資本比率は83.7%は優良企業の証と考えられます。

平成29度1月期の経営成績は以下の通りです。

なお、( )内の数値は会社予想値です。

売上は20,255百万円(20,200百万円)

営業利益は2,169百万円(2,130百万円)

経常利益は2,201百万円(2,150百万円)

利益は1,462百万円(1,420百万円)

1株あたりの利益は56.41円(54.62円)

1株あたりの配当は9.25円(9.25円)

平成30年1月期予想は以下の通りです。

売上は20,000百万円

営業利益は1,930百万円

経常利益は1,940百万円

利益は1,260百万円

1口あたりの利益は485.83円

1口あたりの配当は41.25円

平成29年1月期財政状況は以下の通りです。

総資産は22,535百万円

純資産は19,314百万円

自己資本比率83.7%

1株当たりの純資産は733.23円

記事へトラックバック / コメント


ポールトゥウィン・ピットクルーHDの平成29年1月決算短信が発表されました。

2017/03/13 23:33
ポールトゥウィン・ピットクルーHDの平成29度1月期決算短信が発表されました。

予想通りの内容です。

この銘柄で注目すべきは自己資本比率です。75.1%です。

自己資本比率は、一般に自己資本比率が70%以上なら理想企業、

40%以上なら倒産しにくい企業といえるそうです。

ポールトゥウィン・ピットクルーHDは理想的な財務状態と認識していいと思います。

決算内容は以下の通りです。
●平成29度1月期業績
売上    19,633百万円
営業利益 2,409百万円
経常利益 2,312百万円
純利益   1,168百万円

●29年1月期財政状態
総資産 1,517百万円
純資産 9,046百万円
自己資本比率 75.1%

ポールトゥウィン・ピットクルーHD・平成29年1月決算短信(平成29年3月13日)より
記事へトラックバック / コメント


積水ハウスが平成29年1月期決算短信を発表しました。

2017/03/13 13:49
積水ハウスが平成29年1月期決算短信を発表しました。

ニュースによると純利益は過去最高とのことです。

それにしては株価はパッとしませんが。

平成29年1月期決算短信の概要は以下の通りです。

営業成績は、売上は2兆969億3100万円、営業利益は1841億6400万円、 

経常利益は1909億8900万円、純利益は1218億5300円でした。

その結果、1株当たりの利益は175.48円になりました。

ちなみに年間配当は32円です。

総資産は2兆1848億円9500万円、純資産は1兆1182億4600万円

自己資本比率は50.5%、1株当たりの純資産は1598円でした。
記事へトラックバック / コメント


3月中旬とは思えない雪質です。

2017/03/11 23:49
天候は晴れ。風もありません。

驚いたのは雪質です。

3月中旬とは思えない雪質です。

さすがにパウダースノーとは呼べませんが、

雪質は上中下でいったら上に分類できます。

そう思ったのは私だけではありません。

スキー場のあちこちで雪質の良さへの驚きの声を耳にしました。

積雪も十分です。

下の写真は黒菱ゲレンデの上部のリフトの支柱です。

人の背丈のはるか上まで雪が積もっています。

今シーズンは全面滑走になるのは遅かったですが、

その後の積雪は順調です。

画像


しかし街には余り雪はありません。

スキー場にだけ雪が降っています。

そんな都合の良いことがあるとは信じられませんが。

下の写真はオリンピックの時の男子ダウンヒルのスタート地点の記念碑です。

雪に埋もれて上部しか見えません。

画像


これだけ雪質がよければひょっとしてと思い、

スカイラインのライターコースも滑ってみたら、思った通り楽しめました。

夜はコロナナイトバーに行きました。

ゴンドラ頂上駅近くに設置された特設会場でビールを飲む、

という企画のことで、今年から始まりました。

前から気にはなっていましたが、

金曜日と土曜日しか営業していないので

今日が初めてになりました。

なかなか洒落た企画ですが、とにかく寒い。

スキーウエアを着ていれば大丈夫と思いましたが甘かったです。

客は少ないです。

初めは私しかいませんでした。

従業員によると、

少し前までオーストラリア人が押し寄せてきましたが、

今はさっぱりだそうです。

こんなに客が少なければこの企画

今シーズンはそう長くは続かないだろうと思います。

記事へトラックバック / コメント


デイバッグをホテルに忘れてきてしまいました。

2017/03/05 23:01
準備を終えてリフトに乗ろうとしたところ、

デイバックがないことにきがつきました。。

ホテルに忘れてきたとしか考えようがありまらん。

そのままスキーをしてしまおうとも思いましたが、

中にはサングラス、セーター、スキーワックス、

昨日スーバーで買った朝食用のパンが入っています。

苦労して履いたブーツを脱いで、車を運転してホテルに戻りました。

デイバックは乾燥室に置いてありました。
記事へトラックバック / コメント


大会開催によるコース閉鎖が多すぎる! 八方尾根スキー場

2017/03/04 23:28
土曜日にスキーをするのは久し振りです。

普段は混むので週末にスキーをやることは避けています。

案の定行ってみると駐車場は一杯でした。

しかし、なんとか樅ノ木ホテルの前の臨時駐車場に駐めることが出来ました。

ところが、驚くべきことにすぐ近くにある国際リフトが

トラブルのため動いていないと駐車場の係員が言います。

次に近いリフトは咲花ゲレンデのリフトということになりますが、

歩いて20分かかると係員が言います。

シャトルバスを利用することも出来ますが、

いつバスが来るのかわかりませんん。

覚悟を決めて歩くことにしました。

実際は20分もかかりませんでした。
 
天気は晴れ、風も強くありません。

全面滑走のはずですが、

障害者スキー大会開催のためオリンピックコースUが閉鎖されていました。

昨日はリーゼンスラローム大会ためにリーゼンスラロームコースが制限されていました。

いくら何でも大会が多すぎると思います。

裏黒は今日もクローズでした。雪崩の危険があるからでしょう。

相変わらず無視して滑る人は沢山いましたが。
記事へトラックバック / コメント


3月3日 スキーでストックを折ってしまいました。

2017/03/03 23:31
今日もスキー場は晴天でした。

麓からみると穏やかなスキー日和に見えますが

現実は上部は強風で、リフトやゴンドラは止まっていました。

ゴンドラはそのうち動き出したが、

黒菱、アルペン、グラートはついに一日動きませんでした。

リーゼンスラロームのリフトは動いていましたが、

今日も大会をやっていて、リーゼンスラロームコースの大半は使用できませんでした。

ところで、北尾根・咲花クワッドリフトから降りようとした時、

どういうわけかわかりませんがストックの先端がリフトにひっかかってしまいました。

私はストックの持ち手にある輪っかに普段から手を通しません。

昔、雪崩に巻き込まれた時にすぐに離せるようにそうしている、

というプロスキーヤーの本を読んで以来実践しています。

スキー場で雪崩に巻き込まれることはまずありませんが、

リフトに乗る時に輪っかに手を通していない方が便利なのでそうしてます。

しかし、本当にそうしていて良かったと思いました。

もし、輪っかに手を通していたらそのままリフトに引き摺られていたかもしれません。

その前に係員がリフトを止める可能性が高いですが。

ストックはねじ曲がってしまい、直そうとしたら折れてしまいました。

仕方がないので、ゴンドラ麓駅にあるショップでストックを買いました。

ちょうど1本だけ120pのものがありました。

記事へトラックバック / コメント


3月2日、今日もスキーしてました。

2017/03/02 23:28
今日は雪。

時々雪は止みましたが、

濃いガスが出て雪面のコブが見えなくなるのは勿論、

真っ白で今自分が何処にいるのかわからなくなる状態でした。

そういう時はスキー場が大音響で音楽を流してくれるので、

その音楽が頼りです。

黒菱ゲレンデを滑るのはほとんど私一人でした。

リーゼンスラローム大会は今日と明日でした。

コース閉鎖があるので、その日は避けたつもりでしたが間違えたようです。

15時位にリーゼンスラローム大会の初日が終わってコースが開放されたので、

普段はあり得ないスピードで滑りました。

快調に飛ばしていましたが、

コース終盤に未圧雪ゾーンでバランスを崩して転んでしまいました。

久し振りの大転倒です。

スキー板が外れて縦にクルクル回転しながら飛んでいきました。

もしそこに人がいたら重大な事故になるところでした。

やっぱりトップスピードを出すのは危険です。反省しました。

記事へトラックバック / コメント


3月1日 八方尾根スキー場

2017/03/01 23:07
スキー場は晴天でした。

雪面は固く、特にコブを滑るのに苦労しました。

もう3月です。もうパウダースノーは期待できません。
記事へトラックバック / コメント


<<  2017年3月のブログ記事  >> 

トップへ

ワーク・ライフ・バランス実践記録 2017年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる